赤ちゃんは手押し車とり柴犬がお好き

赤ちゃんも大きくなり、飼い主さんは手押し車を買ってあげました。
遊びつつ、歩く練習が出来たらいいですからね。
しかし飼い主さんの思惑とは違った方向へ逸れていきます。

木製の手押し車を赤ちゃんにあげると、最初はなんとなく触ってくれました。
しかしどうも使い方がわからないようです。
手押し車に触れてはいるものの、それだけ。
結局長続きはせず、赤ちゃんの興味は柴犬へと移りました。

そんな赤ちゃんの気持ちが通じたのか、柴犬は赤ちゃんにベッタリ。
柴犬も手押し車は何かするためのものなんだろうな~?と感じてはいるものの、どうしていいかわかりません。
結局手押し車そっちのけで、赤ちゃんと柴犬が遊ぶように。
今は手押し車より柴犬ちゃん!という感じでした。

赤ちゃんは手押し車とり柴犬がお好き

おすすめの記事